4年前のコミティアでお手紙をくださった方へ。

この記事は私の個人的なお礼になります。

2017年の秋に参加したコミティアで、私にお手紙をくださったMマスのプロデューサーさん。あの時は有難うございました。

お手紙にはP名しかなく、物理的なお返事をすることができなかったので、こちらで代わりとさせてください。

 

ゲーム内雑誌を執筆する作家は基本的に表に名前が出ず、誰が描いているのかは自力で調べたりライブパンフレットを見たりしないとわかりません。

そんな中、わざわざ私のことを調べて、全然Mマスとは関係ないエッセイ系の漫画で参加していたコミティアに来てお手紙をくださりとても嬉しかったです。というか、ビックリしました。そんなことってあるんだ!?と…。

お手紙は、今でも大事に目に見える場所においています。時々、あ~もうダメだ~~…と気持ちが沈んだ時に読み返して励みにして、気づいたら8年もの間お仕事を続けることができました。

割と真面目に何度か挫けそうになったタイミングがあり、その一つがゲーム内で担当ユニットの3周年イベントを終えた2017年の秋でした。もう3周年まで頑張って描いたし、きっと私よりももっと素敵な作家さんがカフェパレ描いたほうが良いよな…みたいな気持ちでいたんですが、そのタイミングでお手紙を頂き、これは凄いものをもらってしまった、この方の為にももうちょっと頑張ろう!という気持ちになりました。そのもうちょっとが続いて、今年までお仕事を頑張ることが出来ました。

いつか私がMマスのお仕事を辞める時は、その方への感謝のポエムを書く!と決めていたので、今書いています。(文章力が小学生レベルだからポエムになってるかは微妙なところ。)物理的なお手紙を頂いたのは8年間でこの一通だけなんですが、その一通でここまで頑張ることができる作家もいるんだよ~と伝えたくて、気持ちを書いてみました。別に私はちょっとだけ露出してる大勢いる裏方の一人で、ただゲーム内の1コンテンツを作画してるにすぎず、このお仕事に関しては普通もらえるなんて思ってないですからね、お手紙。ほんと嬉しい。このアイドルのこの増刊号のここの描写が良かった、好きだったという、具体的な言葉を頂き「あ、私が感じて欲しいと思ったこと伝わってたんだ」とわかり、安心して作画が出来るようになりました。

勿論これまでマシュマロやバレンタインポストなどでメッセージを送ってくださった皆様も有難うございました。どのコメントも全て大切に保管しています。人間なので、お仕事してて心が折れそうになることってやっぱりあるんですよ。どんなに好きなことでも。頂いた全てのコメントがそういう時の支えになりました。本当に感謝しています。

 

 

ゲームのお仕事はたくさんの裏方の努力があってなりたっているのを日々作画を通して感じていたので、今後も、色んな裏方で頑張っている方々に応援を送って欲しいなと思います。(勿論、目に見える形で頑張っている方々にも。)

私も、今後はユーザー側としてこのお手紙をくださった方のように応援を送れるようになりたいです。これからもお手紙は大事に保管させてもらいますね。お返事に4年かかってしまい、そして辺境の個人サイトとはいえ、公開してる場所で垂れ流しちゃってすみません。有難うございました。

 

世鳥アスカより。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA